しらたまにゃん

<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧




Rock 'n Roll

「暑さ寒さも彼岸まで」はやっぱり本当だった…。
彼岸過ぎたら秋らしい気候になってきました!! 秋の肴と秋のお酒がますます美味しくなる、待ちに待った食欲の秋の到来。

絶好調の秋酒のひとつ。
e0214638_1347230.jpg
残りわずか…そして蔵でも完売してしまった…

ということで、
あきあがりの第二弾、詰めていただきました。
e0214638_1348546.jpg
●宮城 阿部勘 (あべかん) 純米吟醸 ひより

山田錦を親に持つ、宮城県の酒造適合米「ひより」。山田錦に匹敵する特性をもつものの、栽培困難で収量も低いお米だそうです。ひよりの名称は、辛くとも笑顔を絶やさない、前向きな女性の名前に由来しているとか。

阿部勘でも、23BYよりひよりを導入しています。なんとこのお酒、石巻市産のひよりを使っています!!! 55%精米純米吟醸を蔵で低温熟成。阿部勘らしい綺麗な味のりと、あきあがりのまろやかさがたっぷり詰まってマス。



by sanwasake | 2012-09-25 14:12 | 入荷 | Comments(0)

10年

こんにちは店主です!

馬齢を重ねて幾星霜。。。

10年前に三田のコートドールシェフ斉須政雄さん著「調理場という戦場」を買いました。
先日行った講演のインタビュアーの木村俊介さんが関わった本です。
e0214638_1662654.jpg


その後何百回と読み、その都度胸の中にゴーという炎が燃えてました。

しがない自分が行けるのは何時だろうかと思っていたら、当店のアヒルにバースデイなんだから行ったら?
と後押しされ伺うこととなりました。

初恋の人に10年後に会いに行く気持ちに近く、年甲斐もなくドキドキ!!

全てにおいて引いている、料理、サーヴィス、ソムリエ。
そしてオリジナルでした。

持参したボロボロの本にサインをお願いしたら一筆添えていただきました。

 「心こそ、
  戦さする身の命なれ
  そろうへば生き
  そろはずば死す」斉須政雄
e0214638_1671837.jpg



最後の客となった私たちの横にキッチンから出てきた斉須さんが座り、しばしの歓談
聞きたかったことを尋ねると明快なご返事を頂き、やっぱりそうだったのかと。
そして楽しくも夢のような時間も終焉に。

鈍才は待つことしか出来ませんが、たまにはご褒美もあるもんだ。
10年に一回なら悪くはないかと思ったバースデイの一コマ。



by sanwasake | 2012-09-21 16:12 | 店主 | Comments(0)

秋がやってきた

コレがやってくるということは、秋の到来のお告げなのであります。
e0214638_15101859.jpg
●長野 十九 (じゅうく) 純米吟醸 紅葉

蔵の屋根に落葉している紅葉の葉 (ホンモノです) が色づいたら出荷されるという粋な十九の秋のお酒。同じ紅葉はありませんので、表情が一本一本違います (ラベル貼り大変そう...)。

今年は生バージョン!!! 十九らしいパンチあり、そして秋あがりの柔らかさあり。かなりバランスいいです。秋の肴にもってこいの一本。全量美山錦。四合瓶もあります。

好評のシュール・リーは残りわずか。まだの方は、お見逃しなく。


もう一本入ってきたのは秋酒ではなく面白酒。
e0214638_1523338.jpg
●栃木 鳳凰美田 (ほうおうびでん) 純米吟醸 WINE CELL

フランスのワイナリーから委譲されたワイン酵母と富山県産山田錦 (精米歩合50%) のコラボ酒。生酒です。

以前もワイン酵母で醸した純米吟醸がありましたが、この酵母とは違うらしい。

旨味がすーっとのびて呑みごたえあります。香り控えめなのが鳳凰美田っぽくないかも?? お買い得の一本。試験醸造、一升瓶のみの商品です。売り切れの際はご容赦ください。



by sanwasake | 2012-09-20 15:36 | 入荷 | Comments(0)

島根へ

本日彼岸入り。暑さ寒さも彼岸までとはいいますが、相変わらず残暑が続いております。秋よ来い~。

さて、先日の連休に、かねてからの課題であった「島根の蔵訪問」に2軒の飲食店さんと一緒に行ってきました。旅…もとい、蔵訪問記をば。

空路で出雲へ。空港は出雲縁結び空港。宍道湖の西端にあります。今回道中を案内いただくのは、月山を醸す吉田酒造の吉田専務。

出雲といえば、出雲大社。最初の目的地です。
e0214638_17301891.jpg
こちらの参拝は、二礼四拍一礼。来年の5月まで平成の大遷宮につき、参拝したのは御仮殿。スケールがとにかく大きい。

ところで、出雲周辺のお酒が濃いと思ったことはありませんか? このあたりの食事は味が濃いめなため酒もおのずと濃くなる、とは吉田専務。参拝の後出雲そばをいただいたのですが、いただいてこの説明に納得しました。

島根は初訪問でしたが、行って実感したのは東西に長い長い県であるということ。出雲から西へ向かうこと約2時間、大田市温泉津町 (おおだし ゆのつちょう)。 初日のメインイベントの蔵訪問です。

伺ったのは開春を醸す若林酒造。
e0214638_17572267.jpg
蔵元若林社長と山口竜馬杜氏に迎えていただき、蔵内を竜馬杜氏に案内いただきました。想像以上に小さな蔵で、これには一同びっくりでした。仕込み水は山の湧水をひっぱってきています。日本海がすぐそばのせいか、水にもどこか磯の香りを感じました。ひととおり蔵を見学させていただいた後は、きき酒。
e0214638_1864527.jpg
蔵できかせていただく「開春」は、あらためて感慨深いものがありました。

蔵を後にし、竜馬杜氏の引導で世界遺産・石見銀山へ。連休で観光客がごった返していたため入山はあきらめ入口の町をそぞろ歩き。蒸し暑さが結構身に応えました。
e0214638_18101958.jpg
蒸し暑さとは裏腹に秋の風景も。

一同松江へ。吉田専務、竜馬杜氏交え、郷土料理と島根の酒を堪能します。白身魚のオンパレード、山陰の味と酒。のどぐろを煮付けにする食文化には驚きましたが大変に美味でした。
e0214638_181381.jpg
その後はしごして最後は焼肉で〆。蔵元さんたちと地元で一緒に時間を過ごせたのは大変有意義でした。竜馬杜氏とはここでお別れ。

二日めは松江城へ。天守閣まで登り、童心に戻って歴史を楽しみました。松江の後に向かうは、島根県東部の安来市 (やすぎし)。二日目のメインイベントの蔵訪問です。

伺ったのは、月山を醸す吉田酒造。
e0214638_18225569.jpg
前日の若林酒造と2蔵に共通するのは蔵の屋根の色。このオレンジのような瓦の色は、寒暖差の激しい島根の厳しい気候に耐えうるためのものだとか。オレンジ色の瓦はほうぼうでみかけました。先人の知恵です。

さて、月山といえば山形県を連想される方が多いと思います。蔵の南に位置する標高200mほどの小さな山「月山」。
e0214638_18264332.jpg
月山の銘柄はこの山からきています。ここに所在した月山富田城 (がっさんとだじょう) は、500年前に廃城となり松江城に移ったとのこと。

このあたりの湧水は超軟水で、かつての松平藩がその水質にほれ込み、この地に茶室を設けたといいます。その水が今の月山の仕込み水となっています。仕込み水に使わせていただいていることへの御礼をかねて、蔵の敷地内に茶室が設けられています。
e0214638_18374290.jpg
茶室のある酒蔵なんて初めてです。

吉田専務にひととおり蔵内を案内いただいた後、母屋できき酒。写真撮り忘れ。。。

蔵を後にし、一行はさらに東へ。島根を抜けて鳥取。目指すは境港。さっきまで後ろが松江の標識だったのに、こんどは行く先の向こうが松江になっているという不思議。島根県の地形の面白さです。

境港で水揚げされた魚介料理を楽しみ、水木しげるロードへ。静かだったであろう商店街は年間200万人が訪れる観光スポットに。歩道には水木しげるの漫画のキャラクターのブロンズ像が。
e0214638_1849033.jpg
さらに、銀行ATMまで水木しげるモードwww
e0214638_1963611.jpg
蔵訪問がメインとはいえ、見どころたくさんの島根行脚となり、大変に充実した時間を過ごしました。

竜馬杜氏、そして二日にわたってとことんお付き合いくださった吉田専務。本当に本当にありがとうございました。


10/8 (月・祝) には、有楽町・東京交通会館12階にて、「しまねの地酒フェア」が開催されます。開春・月山ともに出展しますのでお時間のある方は是非お出かけください!!!



by sanwasake | 2012-09-19 19:20 | Comments(0)

秋はやってくるV

揃いました、なーんて書いたものの、やっぱり入荷ありました、秋のお酒w。
e0214638_1437348.jpg
●栃木 松の寿 (まつのことぶき) 純米 とちぎ酒14 ひやおろし

久々のとちぎ酒14。
「とちぎ酒 (さけ) 14」は、「ひとごこち」を親にもつ、栃木県初のオリジナル酒米。すっきりとしたお酒ができます。

早速一口。あぁ~、やっぱり松の寿!! 飲み口は軽快で綺麗。旨味がすーっとのびていく感じ。蔵の裏に湧く、超軟水の仕込み水で米の持ち味を見事なまでに引き出しています。秋の松の寿も、ひとつヨロシク!!!


9月も真ん中ですが、秋はどこ?な気温。来週末はもう秋分の日。涼しくなっているでしょうか。涼しくなっていることを願います。あっ、今年の秋分の日は土曜日ですが祝日ですので、当店定休日となります。ご注意くださいませ~。



by sanwasake | 2012-09-15 15:27 | 入荷 | Comments(0)

揃いました

入荷予定していた秋酒、いよいよアンカーです。
e0214638_1733855.jpg
●新潟 鶴齢 (かくれい) 特別純米 ひやおろし

特別純米 山田錦55%をベースにしたひやおろし。原酒を加水 & 火入れし、蔵で熟成。芳醇でまるーい風味ながら飲み口はさらっとしています。どんな秋の肴にも合いますyo。


ってことですべての走者が出揃いました、パチパチ!!!
改めてテキストで書いておきましょう。

・青森 陸奥八仙 特別純米ひやおろし
・秋田 山本 純米吟醸赤ラベル
・秋田 阿櫻 特別純米超旨辛口ひやおろし
・岩手 南部美人 純米吟醸ひやおろし
・宮城 阿部勘 純米吟醸秋あがり
・宮城 乾坤一 純米吟醸ひやおろし
・福島 国権 純米吟醸秋あがり
・栃木 鳳凰美田 純米吟醸ひやおろし 山田錦/五百万石
・茨城 月の井 純米吟醸ひやおろし
・群馬 巖 純米原酒 ひと夏越し/ふた夏越し 純米吟醸 ふた夏越し
・群馬 浅間山 純米あきあがり 22BY
・神奈川 天青 純米秋おりがらみ
・静岡 開運 純米ひやおろし
・静岡 白隠正宗 山廃純米ひやおろし
・長野 十九 純米吟醸シュールリー
・長野 亀の海 特別純米 夕やけ小やけ 山廃仕込
・新潟 鶴齢 特別純米 ひやおろし
・福井 白岳仙 純米ひやおろし
・岐阜 初緑 特別純米ひやおろし
・兵庫 龍力 純米吟醸ひやおろし
・兵庫 奥播磨 純米播秋ひやおろし生 22BY
・広島 美和桜 特別純米ひやおろし
・島根 開春 超辛口純米ひやおろし
・島根 月山 純米吟醸ひやおろし
・佐賀 七田 純米ひやおろし 雄町/愛山
・大分 豊潤 特別純米ひやおろし 22BY

秋酒が勢ぞろいする頃には気温も秋らしくなるだろうと思いきや、夏日が続いていますね。ぼちぼち秋の到来を待つことにしましょうか。



by sanwasake | 2012-09-12 18:04 | 入荷 | Comments(0)

秋はやってくるIV

空は高く、日も短くなり、秋は確実に近づいているのですが…気温だけが高いまま (なぜなんだ~)。

昨日、仙台まで遊びに行って参りました。仙台も気温30°超えが続いているそうです (なぜなんだ~)。帰京を追いかけてきたかのように、宮城のお隣・岩手からお酒が到着。
e0214638_14484099.jpg
●岩手 南部美人 (なんぶびじん) 純米吟醸 ひやおろし 無濾過原酒

定番酒 (特別純米 & 純米吟醸) ゆえに、これまで紹介する機会がなかったのですが…ってことは当ブログ初登場!?

南部美人の純米吟醸といえば、香り、旨み、酸のバランスがパーフェクトに近く、飲み飽きしない食中酒の定番中の定番。23BYの呑み切りでもっとも出来の良い純米吟醸のタンクをそのまま生詰めしたものがこのひやおろし。なんと贅沢な!!!!! 低温貯蔵で夏を越したこの秋上がりは、まろやかで柔らかな味をまとっております。ぎんおとめ & 美山錦。



たまには、入荷以外のことも。
しらたまにゅーすにも書いていますが、10月まで各地で酒の会が目白押しです。
9/7 (金) の夜に青山で開催された「それはそれは楽しい日本酒の夜」。
秋田Next5 と 広島魂志会のお酒を楽しむという会、終業後でも参加できる嬉しい時間帯、それとどこか少し毛色が違う気が…ということで、スタッフも交えて参加してきました。

当店取扱い銘柄では、秋田・白瀑、広島・美和桜 & 宝剣が参加。
e0214638_15392525.jpg
蔵元が注ぐのではなく、めいめいが飲みたいものを飲みたいだけ。これはよかったです。ちなみに呑み比べてダントツだったのが、この美和桜 大吟醸・千本錦。味がグンとのってきています。

広島魂志会蔵元が着ていたTシャツ。期せずして同じ色のカットソーを着ていたので広島勢に大笑いされました。この後ろ姿は…
e0214638_15424278.jpg
美和桜の蔵元・坂田氏。お酒が入りすぎる前に (苦笑) イロイロと話ができました。

会の最後に参加各蔵の秘蔵酒の御披露目があったのですが…圧倒的人気はこのお方!!!
e0214638_15464336.jpg
山本氏が自ら漬けてきたというサングリア酒。梅酒などを漬ける容器に入れて…。この演出だけで参加者の心を完全にわしづかみ。さすがです…。中身は白瀑・大吟醸。瞬殺でした。楽しいお酒でした。

お酒があって人がいて演奏の出しものがあって。飲み手も蔵元も酒屋も運営スタッフも皆が一緒に楽しめるような構造になっていて、なんというか、とにかくフラットでした。

酒の会にはあまり参加しない当店ですが、笑いあり発見あり出合いありでしたので、また面白い会があれば積極的にいきたいと思います。



by sanwasake | 2012-09-10 16:12 | 入荷 | Comments(0)

秋はやってくるIII

まだまだ汗ばむ暑さが続いていますが、ようやく陽ざしと風に秋の匂いがしてきました。秋はすぐそこだ!!!

明後日9/9の日曜は重陽の節句、「ひやおろしの解禁日」です。
解禁日前では最終入荷 (たぶん)。
e0214638_1336527.jpg
●岐阜 初緑 (はつみどり) 特別純米 ひやおろし

飛騨の酒米・ひだほまれ。この酒米で造るお酒の特徴は「コク」。そのコクをふんだんに感じつつも、飲み口はサラリ。飲み疲れません。まさしく秋のお酒です。


しばらくご無沙汰していましたが復活です。
e0214638_13484716.jpg
●秋田 阿櫻 (あざくら) 特別純米 超旨辛口ひやおろし

夏越しのお酒のまろやかさ、コクがたまりません⇒旨口。後味のキレがすがすがしいと思えるほど⇒辛口 (、酒度+10)。このコントラストをして「超旨辛口」とはよくいったものです。秋田酒こまち。


垂涎…
e0214638_13575477.jpg
●秋田 山本 (やまもと) 純米吟醸 赤ラベル

今秋は少し早めにあがってきました。ラベルの真紅が鮮やか!!!
瓶燗火入れ後急冷却し、蔵の中でじっくり低温貯蔵。深い深い旨味、ジューシーな酸味、キレる後味。鬼才・山本氏による、三拍子揃った秋酒。雄町。

 



by sanwasake | 2012-09-07 14:08 | 入荷 | Comments(0)

秋はやってくるII

怒涛の入荷で冷蔵庫のスペースが結構きつくなってきました…。
さてさて。昨日のテキスト版の詳細をお届けします。本日も長文です、お付き合いくださいませ。

セレブ~
e0214638_17243366.jpg
●福島 國権 (こっけん) 純米吟醸 秋あがり

上品で華やかな香りに優しい果実味。適度な酸でスッキリとした後口です。五百万石50%。
ちょっと贅沢な南会津の秋あがり、そんな感じのお酒デス。


待ってました、夏越し!!
e0214638_1741574.jpg
●群馬 巖 (いわお) 純米原酒 ひと夏越し / 純米吟醸 ふた夏越し / 純米原酒 ふた夏越し

純米原酒の、ひと夏越しとふた夏越し。熟成具合の違いだけではありません。

ひと夏越しは協会601号、ふた夏越しは協会1401号で醸しています。601号で醸すと香りの表現がより穏やかになるのだとか。蔵元いわく、癒し系だそうですwww (裏貼りにもその思いがつづられています)。山田錦、美山錦、五百万石。酵母違いで飲み比べるのも乙ですよ (ふた夏越しは数量限定につき売り切れの節はご容赦のほどを)。

純米吟醸ふた夏越しは五百万石×協会1401号。こちらも数量限定です。


海藻??
e0214638_17503765.jpg
●静岡 白隠正宗 (はくいんまさむね) 山廃純米ひやおろし

蔵のある沼津が面している駿河湾には、世界一多種の海藻が生息しているのだそうです (知らなかった…)。その海藻をモチーフにアート活動を行っている、地元アーティストの作品がラベルにあしらわれています。

銘柄はドコ?
e0214638_17584255.jpg
ラベルの左下にさりげなく…。

お酒はというと、結構軽快。山廃仕込みらしい膨らみがあります。そのコントラストを楽しみつつ、秋の肴を楽しみたい。駿東山田錦。四合瓶もあります。

秋のお酒ではないのですが、一緒に送っていただきました。
e0214638_18284379.jpg
●静岡 白隠正宗 (はくいんまさむね) 少汲水純米酒 season V

しょうくみみずじゅんまいしゅ と読みます。

日本酒を仕込む際の仕込み水の、米に対する量の割合を汲み水歩合というのですが、通常の日本酒がおおよそ130-140%、かつての日本酒は110%だったそうです。昔は酒屋が酒を桶で仕入れて加水し販売していたために、加水しない味の濃いお酒がよりもてはやされたそうです。そして、なんと100%という低歩合で仕込んだのがこの純米酒。つまり、味わいの濃い昔ながらのお酒…ということになります。

こういう試みってとても興味深いです。長くなっちゃいましたが。駿東山田錦&あいちのかおり。


凛々しい…
e0214638_18242235.jpg
●静岡 開運 (かいうん) 純米 ひやおろし

開運のなかでも、ひやおろしはそこにあるだけで凛とします。毎回思うのですが、やっぱり重鎮ですね…。バランスいいです。山田錦。


ラベルがノスタルジック~
e0214638_19222057.jpg
●長野 亀の海 (かめのうみ) 特別純米 夕やけ小やけ 山廃造り

リンゴのような爽やかな香り~。山廃仕込みゆえのふくらみがありながらも、飲み口はスッキリ軽快。なかなかないタイプの面白いお酒!ひとごこち。


華やか!
e0214638_19285091.jpg
●兵庫 龍力 (たつりき) 純米吟醸 ひやおろし

ラベルだけですでに美味しそうデス。
初リリースの昨年はリピーター続出でした。今年はいかに。兵庫県特A地区山田錦。


定番の…
e0214638_1934599.jpg
●島根 開春 (かいしゅん) 純米超辛口 ひやおろし

酒度+15°の超辛口。当店の定番商品のひとつですが、そのひやおろしバージョンが満を持して登場。
実は先日、竜馬杜氏と初めて会って一緒に飲ませていただきました。一言でいうなら癒しキャラ。このキャラがこの酒を造っている…ますます愛着がわいています。

夏疲れの身体にじわり馴染みます。神の舞。


本日のトリ。
e0214638_19423496.jpg
●島根 月山 (がっさん) 純米吟醸 ひやおろし

今年は、月と山のイメージをモチーフに、装いを新たに登場です。
お酒は変わらず芳醇。まるいのに酸のエッジがほどよく立っている…。クセになります。佐香錦&改良雄町。
 



by sanwasake | 2012-09-05 19:50 | 入荷 | Comments(0)

秋はやってくるII (今日はテキストだけ)

本日も秋酒入荷祭り!!! シーズン商品を陳列している冷蔵庫が一気に秋色に…。
しかし、これから外出なのです(泣)…oyoyo

取り急ぎ、本日入荷したものを列記しておきます。詳しくは明日アップしまーす。

●福島 國権 (こっけん) 純米吟醸 秋あがり

●群馬 巖 (いわお) 純米原酒 ひと夏越し

●静岡 白隠正宗 (はくいんまさむね) 山廃純米 ひやおろし (四合瓶あり)

●静岡 白隠正宗 (はくいんまさむね) 純米 少汲水純米酒

●静岡 開運 (かいうん) 純米 ひやおろし

●長野 亀の海 (かめのうみ) 特別純米山廃仕込み 夕やけ小やけ

●兵庫 龍力 (たつりき) 純米吟醸 ひやおろし

●島根 月山 (がっさん) 純米吟醸 ひやおろし
 



by sanwasake | 2012-09-04 14:31 | 入荷 | Comments(0)

上野「酒のサンワ」のブログ
by sanwasake
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

しらたまにゃん

上野にある「酒のサンワ」の雑記帳。お酒新聞「しらたまにゅーす」の番外編。

酒のサンワ
東京都台東区北上野1-1-1
TEL:0338446092
OPEN:11:00~20:00
日・祝日休み

合羽橋 酒のサンワ
(720ml専門ショップ)
東京都台東区松が谷3-17-11
(合羽橋道具街)
TEL 0358303521
OPEN: 12:00~18:00
水休み (不定休)

++++++
見どころ
++++++
店の前からの東京スカイツリーの眺め。

+++++++++
発送承ります
+++++++++
お買い上げ商品の発送、また代引での発送手配も承っております。お問い合わせくださいませ。

:::::::::::::::::::
主要取り扱い清酒銘柄
:::::::::::::::::::
(青森) 陸奥八仙
(秋田) 白瀑 (山本)
(岩手) 南部美人
(山形) 出羽桜 / 上喜元 / くどき上手
(宮城) 乾坤一 / 綿屋 / 阿部勘 / 田林 / 浦霞
(栃木) 鳳凰美田 / 四季桜 / 松の寿
(茨城) 渡舟 / 月の井
(群馬) 群馬泉 / 浅間山 / 巖
(千葉) 東魁盛
(神奈川) 天青
(長野) 十九 / 亀の海
(新潟) 鶴齢 / 緑川 / 八海山 / 越乃景虎 / 真稜
(富山) 満寿泉
(福井) 白岳仙 / 常山 / 福千歳
(静岡) 開運 / 白隠正宗
(愛知) 義侠
(岐阜) 小左衛門 / 初緑
(三重) 三重錦
(兵庫) 龍力 / 奥播磨
(岡山) 酒一筋
(広島) 宝劔 / 美和桜 / 神雷 / 富久長
(山口) 獺祭
(島根) 開春 / 月山
(香川) 悦凱陣
(徳島) 旭若松
(愛媛) 初雪盃
(佐賀) 東一 / 七田
(大分) 豊潤
(熊本) 花の香

検索

最新の記事

秋だよ、秋酒だよ
at 2017-09-14 18:31
金ラメ!
at 2017-09-11 14:18
重陽の節句。
at 2017-09-09 21:17
9月の雨
at 2017-09-07 20:09
暑さ復活。
at 2017-09-05 14:28

ブログパーツ