しらたまにゃん

<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧




おっぽ

言いたいことは山ほどあるにゃん。というわけで店主でございます。
この間の「長靴を履いたぬこ~」の720mlは瞬殺でございました。
梅雨真っ只中ですがご来店いただいた皆様有難うございます。
お問合せいただいた皆様大変申し訳ございません。
来期はもう少し詰めてくれるとはずでございます。
なお、1.8Lは若干数量ございます~

素敵ラベルシリーズ、夏酒Fluke発売でございます。
くじらの尾でございます。詳しくは十九のぶろぐをご覧ください。720mlもございます。
e0214638_16552613.jpg

くじらの尾のみは成人して10年ほどして食べました。存在を存じ上げませんでした。高かったからです。子供の時の食卓は鯨の味噌漬けか納豆が交互でございました。朝納豆、昼給食、夜鯨の味噌漬け。いま思えば良質なタンパク質を取れという親心ではなく弩ボンビーだったからでございます。そのせいかグリンピース(豆じゃない方)は嫌いです。貧乏人は死ねと言われているような気がするからでございます。けっして他意はございませんでございます。

なぜこんなに脱線するかと言えば昨日仕事終了後6軒の飲み屋さんに行ってまだ酔っているからでございます。そしてそろそろ義侠の専務がお迎えに来て夜の海にダイビングもとい営業を兼ねて迎え酒でございます。おしまい。



by sanwasake | 2015-06-19 16:58 | 入荷 | Comments(0)

長野から2本

店主です。

今日はムシムシの梅雨らしい一日になりました。さて長野から2蔵の新商品が届きました。

最初は十九のシャレ乙シリーズの純米吟醸Le chat botté 長靴をはいた猫。まっ梅雨ってことです。気が付かなかったのですが蔵元のブログで発表されていました。昨日から何名かご来店いただいたのですが・・・というわけで少量入荷のためご来店の方優先で一本限りとさせていただきます。ひとごこち。720mlも入荷しています。
e0214638_14402773.jpg

亀の海 純米吟醸 ザ飲むコシヒカリは蔵元の土屋専務が初挑戦にして自信作ということです。確かにうまい!!!名前も気合がはいっています。相変わらず田んぼに興味がある専務ですが、このコシヒカリは減農薬でコスト的には厳しいらしいです(幻のコシヒカリといわれる、「高原のしずく米」という佐久産のお米だそう)。コシヒカリのお酒は当店では珍しいのでぜひ!!
e0214638_1443511.jpg




by sanwasake | 2015-06-13 14:48 | 入荷 | Comments(0)

宝剣夏と5月の旅行記

e0214638_181512.jpg
5月の旅行記を。。。あっ店主です。

獺祭さんの新蔵お披露目式を兼ねて小旅行に行ってきました。
京都、神戸、広島、そして山口です。

京都は新京極スタンドさんを皮切りにお客さんの居酒屋さんと日本酒バー。

神戸は相方つながりで芦屋のイタリアン。元町のガード下で職安とタイガースの話を聞きながら酎ハイ、そして相方の学生時代のバイト先のジャズ喫茶。
さらにセッションというジャズバンドの映画を観て大興奮、エンドロールが終わるまで観客が全員席を立ちませんでした。でも相方とかジャズをやってた方は微妙だそうです。ノリは昔の任侠映画なので。もし日本酒の造りをああいう風に映像にされたら微妙かも。その夜は奥播磨のSさんと日本酒のお店2軒。ええ夜でした。

e0214638_1831068.jpg
翌日広島は神雷の三輪専務と飲む時間まで結構空いていたので大和ミュージアムで迫力の戦艦 (冒頭の写真です) を見て、旧市街の渋いビアホールで。暑い日だったので旨し。呉駅に戻るとハプニングが。。。呉~広島は通常30分ですが信号機の故障で4時間かかり神雷との飲みの時間もほんのちょっと(泣)

e0214638_1842627.jpg
最終日は新岩国駅からバスで蔵へ。獺祭さんの12階建ての蔵を見て設置前の麹室、仕込室を見学あと最上階のホールで桜井社長のお話し。「蔵はただの道具、飲む方の美味しいの一言が獺祭の全てです」秋口までに倍の精米所、そして130m のビン詰め火入れラインを造るということです。「チャレンジを辞めた時が獺祭の終わるとき」との事。懇親会は食べきれないほどのフグと獺祭酒。
e0214638_185304.jpg

最終便の飛行機で帰宅、オシマイ。

そして呉の夏のお酒入荷。クオリティ抜群の宝剣・涼香吟醸です。広島勢で最も暑い男のクールな吟醸は当店6月入荷の夏酒でトリ(たぶん)。ヨ・ロ・シ・ク!!
e0214638_1881589.jpg


6月の特別営業
6/28 (日) 12:00~18:00
※店舗営業のみです。



by sanwasake | 2015-06-06 18:33 | 入荷 | Comments(0)

伝統

たまには店主が書くようにとのことでよろしくお願いいたします。

八海山 特別純米酒 が入荷しました。
e0214638_142520100.jpg

現社長の二郎さん、昔当店担当だった太郎さん、先代社長の盟友で八海山を育てた義五郎さん。(昔、八海山を取り扱いたくて蔵に伺うといつも富所義五郎さんにお相手していただきました)

皆さんが守ってきた八海山の味筋。

時は流れ営業の意見を取り上げて醸したのが夏に発売の特別純米酒。

のど越しよくお代わりのできる爽やかさ、お酒本来のコクが返るのも秀逸。

魚屋さんに鮎が売っていたら是非一献。
いい夏の思い出になりますように。。。

-----
6月の特別営業
6/28 (日) 12:00~18:00
※店舗営業のみです。



by sanwasake | 2015-06-05 14:28 | 入荷 | Comments(0)

Cute, sexy, tropical!?

今日の東京地方は昨日と打って変わってスカッと気持ちのいい青空が広がっています。湿度も低く、本当に過ごしやすい一日になりそう。ただ陽射しがキツイのなんのって~。いよいよ夏が近づいているんだと実感します。

先にお知らせ。今月の日曜特別営業は、最終日曜28日にいたします。ぜひこの機会をお見逃しなく!

今日の新入荷も夏の酒。2蔵3種類です。

今夏サマーボトルのラベルで、アヒル的ドンピシャNo.1!!!
e0214638_16251728.jpg
●岐阜 小左衛門 (こざえもん) 純米吟醸 夏吟

すごく凝っているわけではないのですが、素直にかわいくていいなぁ~と思うこちらのラベル。キュートな水玉が涼しげ。

スッキリとした清涼感にあふれた上品な味わい。のど越しよく、するすると杯がすすみます。純米吟醸ですが、香りはひかえめに仕上がっています。暑い日にさっぱり飲みたいというときにぴったりの一本。美山錦・ミネアサヒ。


今夏は2種類一緒にドン!
e0214638_16342716.jpg
●群馬 巖 (いわお) 純米 701号~SEXY SUMMER~

純米酒はズバリ、癒し系。加水火入れして落ち着かせ飲みやすく仕上げています。原酒はこちらのお酒。直汲にしてじわじわ癒し感を醸す新しい境地をひらいたお酒です。

夏酒もじわじわ旨いのなんのって! 飲んでまた飲みたくなるという、呑兵衛泣かせの夏酒といえましょう。セクシーサマーのサブタイトルはあまり大意はないかと思われます。巖の夏の純米酒で癒されてください! 美山錦・五百万石。

e0214638_16463759.jpg
●群馬 巖 (いわお) 純米吟醸 中取り生~Tropical Summer~

もう一つの巖の夏は、生酒です。瞬殺だったピンクラベルの中取りバージョンを詰め、サマーボトルとしてリリース。癒し系のセクシーに対してこちらはトロピカル、笑。こちらも大意はないかと思われますが、2つ飲み比べると確かにこのネーミングかも…と妙に納得してしまうのでした。低アルコールもいいけど、生酒のブルーボトルを所望! という方に向けて商品化されました。

ピンクラベルの余韻が残る、華やかジューシーのストレート系。夏に負けないパンチ力で飲むと元気になる、そんなお酒です。五百万石。

こちらのみ720mlも入荷しています。


癒し系・直球系、どちらも甲乙つけられません。さぁ、あなたはどちらの巖を選ぶ?


-----
6月の特別営業
6/28 (日) 12:00~18:00
※店舗営業のみです。



by sanwasake | 2015-06-04 17:05 | 入荷 | Comments(0)

夏酒百花繚乱!

っていうくらい、いっぺんに到着しました、6月入荷予定のサマーボトル。

いくつかに分けて紹介しようかなーとも思ったのですが、明日も新入荷の予定がありますので、一気に掲載します! 長文になりますがどうぞお付きあいください。

北からいきますよん。
e0214638_20503414.jpg
当店夏の本命酒。ファンにはおなじみの真っ白なラベル。

裏側から見れば~
e0214638_20555391.jpg
●宮城 阿部勘 (あべかん) 純米吟醸 夏酒金魚

透かして見るとこんな感じ。泳ぐ金魚の粋なラベルは見ているだけで涼やかに、飲んでさらに楽しくなる阿部勘の夏酒。

阿部勘らしい上品な酸がキリリと引き締め役に徹しております。奥ゆかしいまでの透明感のある旨味。すいすいっていけちゃいますね~、すんばらしい食中酒。鱧なんかと合わせたいですね~!!! 蔵の華 & ササニシキ。

同じく宮城勢。当店ではサマーボトルは初入荷。
e0214638_20571131.jpg
●宮城 乾坤一 (けんこんいち) 純米吟醸 鈴風 (すずかぜ)

うぉっ、凝ったラベルじゃ!! 蔵の小さな門をくぐり、母屋の前の、蔵に続く路を描いています。じつは毎年秋の初め (ってもまだ暑い時期) に蔵にお邪魔しているのですが、蔵内に保存されている300年前の看板や、母屋にしつらえられた美しい建具は何度訪れても目を見張るものがあります。ラベルの画はセピアカラーでちょっとノスタルジックな気分にさせてくれます。で、文字は儚くも美しいブルーの色。

夏の昼下がりに涼やかに楽しんでいただきたい…というシーンをイメージし、すっきりと爽やかな酒質に仕上がっております。うっとりとするような美しさ~。ササシグレ。

720mlも入荷しています。


先週のニュースを急きょラベルに!!
e0214638_20572938.jpg
●千葉 東魁盛 (とうかいざかり) 純米吟醸 夏

先週、東魁盛を造る小泉専務が、夏酒のサンプルを持って来店されました。現行のラベルを踏襲した夏バージョンでの入荷を予定していた矢先、富津沖の東京湾でシャチの群れが目撃されたとのニュースが舞い込んできました。

蔵に近い富津沖でシャチだなんて、さすがの蔵元も驚きだったそう。ならば、そのシャチをモチーフにしちゃえ! ということで急きょシャチラベルが出来上がりました、笑。

現在配布中のしらたまにゅーすには、シャチ前の情報が記載されております。価格が変更になっておりますので、こちらで訂正させていただくとともにお詫び申し上げます。。。スミマセン。

誤 ) ¥3,240 (税込価格) ⇒ 正 ) ¥2,916¥2,808 (税込価格) ※お求めやすくなりました!

自社田栽培米の五百万石で造る純米吟醸を、サクサクっと飲みやすいように14%の低アルコールに仕上げました。すっきりとした酸がそれはもう爽やかで、この蔵ならではのほどよい華やかさと相まって、それはもうシャチもびっくりするレベル。

夏の東魁盛はシャチラベルで、とご用命くださいませ。


今夏はサマーボトルとして入荷。
e0214638_2162933.jpg
●長野 十九 (じゅうく) Diciannove 19 (ディチャノーベ)

Diciannoveはイタリア語で数字の19を意味します。

暑い夏にキーンと冷やしたイタリアの白ワイン (アヒル的にはヴェルメンティーノに近い感じがします) を思わせる酸と香味が◎。幻といわれる長野B酵母ならではの絶妙な酸です。美山錦とひとごこちを使っているので、ブドウのワインではありませんが、さながら米のワインとも言っていいかもしれません。

無濾過生原酒とは思えないライトさ。これはハマる~。

720mlも入荷しています。

十九はもうひとつ、こちらもサマーボトル扱いで入荷です。
e0214638_2113924.jpg
●長野 十九 (じゅうく) Trifoglio 19 (トリフォーリオ)

樹木の緑が美しくなるころにリリースされるこちらのお酒、素敵ラベルシリーズです。Trifoglioは三つ葉の意。今年は美山錦で造る無濾過生原酒を詰めました。

のっけから、ジューシーな旨味が口いっぱいに広がります。そして、、、スパーンとキレて美しい余韻を残してくれる酸。こちらは金沢酵母によるもの。美山錦。

720mlも入荷しています。

どちらのお酒も見逃せませんよ!!!


絶大な人気を誇るおりがらみ!
e0214638_21185396.jpg
●島根 開春 (かいしゅん) 純米超辛口生おりがらみ

当店ラインナップの人気定番酒のひとつ、開春純米超辛口。こちらの生バージョンのさらにおりがらみは、夏酒としてもリリースされるのです。

ググッと力強く奥深い味わいとキレの良さ。おりがらみの柔らかさが相まって、絶妙なバランスです。乾杯酒に、超辛口なのでそのまま食中酒に、オールラウンドに飲める頼もしいヤツ。

おりのからんでいない、純米超辛口無濾過生原酒もあわせて再入荷しました。


夏酒ではありませんが、首を長くして待って下さっている方多数…のお酒も入荷です。お待たせしました!!!
e0214638_21244043.jpg
●栃木 鳳凰美田 (ほうおうびでん) 純米吟醸 WINE CELL

写真は2013年ですが、2014年 (つまり、26BY)ですよ~。



by sanwasake | 2015-06-03 21:27 | 入荷 | Comments(0)

上野「酒のサンワ」のブログ
by sanwasake
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

しらたまにゃん

上野にある「酒のサンワ」の雑記帳。おもに新入荷情報をお知らせしています。お酒新聞「しらたまにゅーす」の番外編。

酒のサンワ
東京都台東区北上野1-1-1
TEL:03-3844-6092
OPEN:11:00~19:00
日・祝日休み

合羽橋 酒のサンワ
(720ml専門ショップ)
東京都台東区松が谷3-17-11
(合羽橋道具街)
TEL 03-5830-3521
OPEN: 12:00~18:00
水・木休み (不定休)

++++++
見どころ
++++++
店の前からの東京スカイツリーの眺め。

+++++++++
発送承ります
+++++++++
お買い上げ商品の発送、また代引での発送手配も承っております。お問い合わせくださいませ。

:::::::::::::::::::
主要取り扱い清酒銘柄
:::::::::::::::::::
(青森) 陸奥八仙
(秋田) 白瀑 (山本)
(岩手) 南部美人
(山形) 出羽桜 / 上喜元 / くどき上手
(宮城) 乾坤一 / 綿屋 / 阿部勘 / 田林 / 浦霞
(栃木) 鳳凰美田 / 四季桜 / 松の寿
(茨城) 渡舟 / 月の井
(群馬) 群馬泉 / 浅間山 / 巖
(千葉) 東魁盛
(神奈川) 天青
(長野) 十九 / 亀の海
(新潟) 鶴齢 / 緑川 / 八海山 / 越乃景虎 / 真稜
(富山) 満寿泉
(福井) 白岳仙 / 常山 / 福千歳
(静岡) 開運 / 白隠正宗
(愛知) 義侠
(岐阜) 小左衛門 / 初緑
(三重) 三重錦
(奈良) 花巴
(兵庫) 龍力 / 奥播磨
(岡山) 酒一筋
(広島) 宝劔 / 美和桜 / 神雷 / 富久長
(山口) 獺祭
(島根) 開春 / 月山
(香川) 悦凱陣
(徳島) 旭若松
(愛媛) 初雪盃
(佐賀) 東一 / 七田
(大分) 豊潤
(熊本) 花の香

検索

最新の記事

7年の時を経て
at 2017-11-01 17:11
ハイグレード、鳳凰美田
at 2017-10-28 18:19
進化はお酒だけじゃない
at 2017-10-27 19:41
雪室!寒熟!
at 2017-10-26 18:10
お天道様!!!
at 2017-10-21 18:41

ブログパーツ